採用情報

採用情報

一人ひとりを第一線で活躍する技術者へ。
個別指導を基本としたプログラムで育てます。

1996年3月、株式会社テクアスは機械設計に関する技術提供を主軸としてスタートしました。以来、その事業フィールドは工作機械や搬送設備、さらには自動車や電車などの輸送機器分野、近年では航空・宇宙、環境分野へと広がり、それぞれの専門知識・技術を備えた人材の派遣、並びに受託業務を行っています。また、これらの業務に付随して、CADオペレーション、評価試験、さらには工業翻訳などにも取り組み、数々の実績を積んでいます。

私たちが、こうした事業展開において最も重視しているのが技術レベル、並びに成果の品質。一つひとつに要求される水準を間違いなく実現するだけでなく、必要な時には常に付帯提案を行う姿勢は大きな評価に結びつき、高い信頼性を得ています。
これからも充実した教育システムにより社員一人ひとりの力を磨き、お客様から指名され、その期待に応えられる企業へ成長するために日々邁進していきます。

テクアス教育システムの流れ

テクアス教育システムの流れ

基礎研修

  • ビジネスマナー研修
    お客様や業者の方々との打ち合わせ、社内でのコミュニケーションなどをスムーズにするために、挨拶や言葉遣い、電話応対など、ビジネスに必要なマナーを学びます。
  • 製図適応トレーニング
    設計・製図の未経験者を対象とした研修。様々な形の物を、絵として表現できるようにトレーニングします。
  • 基礎製図演習
    機械設計製図に必要な記号や用語、寸法記入方法などを、当社オリジナルテキストを使って習得。また、部品のスケッチを行うことで、手書きでも機械製図ができるように実技訓練を行うなど、実務で必要となる基礎知識・技術を学びます。
  • CAD演習
    自動車業界、機械業界など、携わる分野によっても使用機種が異なるCADの操作方法を学習。慣れればそれほど難しくない技術を習得することで、2機種、3機種のCADを使いこなすことが可能になります。
  • ソフト演習
    書類の作成、計算などに必須となるofficeソフトの演習も用意し、日々の業務をスムーズに遂行できるようにサポートしています。

実践研修

  • 製図演習
    CADを使い、機械製図の練習などを行います。数多くの課題をクリアした後は、国家技能検定2級レベルの図面作成にトライ。じっくりと時間をかけて、演習の成果を仕上げていきます。
  • 実践研修
    CAD研修の復習を兼ねたトレースのほか、組立図から抜き取り、シャフトやブラケットなどの部品図を描くトレーニングを実施。部品形状を頭の中で立体化し、3D CADや2D CADで部品図を作成することに慣れていきます。

実務配属

約1年間にわたる基礎研修、実践研修を終えると、いよいよ実務を行う部署へ。一人ひとりのセンスや適性を見きわめるとともに、それぞれが思い描く将来設計をヒアリングし、最適な配属先を決定します。例えば、本社での受託業務は、様々な機械設計を通して多種多様な経験を積むことが可能。取引先での勤務は、自ら作図・設計した製品を見たり、製造工程や業務の流れが体感できます。

国家技能検定取得

仕事を通して培ってきた能力と経験を活かし、国家技能検定「機械・プラント製図2級」の取得をめざします。受験にあたっては、社内勉強会を実施。本社が実技試験会場となっているため、慣れた環境で受験ができます。また、実務経験7年で1級の受験も可能です。

上級技術者、マネージャーへ

約3年の実務経験を経ることで、機械設計の基礎知識習得レベルに達することができます。その後はさらに経験を積むことで設計のスペシャリストへ、マネジメント能力も磨き管理職へ、またライフスタイルを考慮してアシスタントの道へ、など様々な進路が用意されています。